BLOG

2016.05.26

情報セキュリティ管理支援パッケージ「Net Guard」サービス開始のお知らせ

株式会社アクシス(本社:栃木県宇都宮市双葉1-2-1、代表取締役:和氣 悟志)は、

企業内における情報セキュリティ対策を統合したパーケージサービス「NetGuard」のサービスを6月1日から開始します。

 

NetGuardイメージNetguard構成

 

■サービスの特長

 

標的型攻撃に対する対策は、侵入させない為の「入口対策」、入口を突破されてもコネクトバック通信で外に情報を出させない

「出口対策」、入口を突破されても被害を拡大しない為の「内部対策」の措置を取る必要性がありシステムによる対策が有効です。

 

情報通信を可視化することにより、アプリケーション毎の通信量、アクセス頻度の高いドメイン(インターネットサイト)などを把握し

自社の最適なセキュリティポリシーを設定する必要性が可能となります。

 

また、企業のエンドポイント環境はサーバー、デスクトップパソコン、ラップトップパソコン、仮想デスクトップの導入、タブレットや

スマートフォンの利用といったように、多様なエンドポイントが利用されており、社内LAN環境以外にも、多様なネットワーク環境で

利用されるケースが散見されます。このような環境の中でサイバー攻撃は、インターネット経由だけでなく、社外で利用するネット

ワークやUSBメモリーなどを経由して侵入されるケースも増えおり、情報漏えいのリスクが高まっております。

 

従来の社内ネットワークと社外ネットワークのゲートウェイ(境界) で、セキュリティ対策を行うだけでは対応が不足しており、

社内・社外のネットワークに接続されるエンドポイントに対して、セキュリティ対策を行おう必要性があり、不許可のソフトウェアや

デバイスによる情報の盗難や漏洩のリスクを低減や未知のプログラムや悪質ソフト、ウィルス/スパイウェア、ゼロデイ攻撃、

その他の破壊プログラムの実行を未然に防ぐことが可能となります。

 

さらに、現代のマルチデバイスのオフィス環境は、エンドポイントの多様性が増すばかりであり、外出先での利用ケースも多く

存在しますが、そのような環境下でもすべてのエンドポイント端末の状況を把握し問題に対処する仕組みを構築する必要性が

ありますが、クラウド上の管理ポータルツールを使用し、監視を行うことで効率の良い運用が可能となります。

 

サービス資料のダウンロードはこちらからご覧いただけます。

 

■本製品についてお問合せ先

株式会社アクシス 営業部
TEL : 028-688-8390
Mail: sales@sixa.jp